40年の教育研究実績をもとにした基礎研究支援と商品開発

薬科大学で42年間、学部学生、大学院生を指導した経験から教育に関する相談を受け付けます。これまで、アドバイザー教員としても勉強の悩み、個人的な悩みなど、たくさんの相談に乗ってきました。特に薬学が6年制になり、日ごろの勉強についていけず、途中で退学する学生、留年する学生が年々増加。そのため、教員にとって本人、保護者のケアは勉強以上に大切なことでした。

ゼミ、実験計画、文献調査、実験、ディスカッション、実験データのまとめ、報告、そして論文作成まで、長い時間を必要とします。めげずに、失敗したら見直し、それでも続ける――――苦しいですが成果がでて、学会発表し、さらに論文に掲載された自分の名前やデータ、その嬉しさは他では味わえません。ここから、特許も生まれました。

関連するコアニエプラスのサービス

  • 学会発表支援、論文作成支援
  • 精油を用いた商品開発支援
  • 教育相談