秋田産業サポータークラブ「食・美・健康WG」令和元年 第2回を開催。

7月26日、都道府県会館にある秋田県東京事務所にて秋田産業サポータークラブ「食・美・健康WG」2019年度 第2回が開催されました。
この日のテーマは、2019年度事業計画および予算の確認です。

事業計画の①八幡平温泉郷のキャッチコピーについては、6月3日臨時WG会議に出席された地元女将2名から「湯治のおへそ」が提案されました。秋田八幡平温泉郷が北東北のど真ん中に位置するので”おへそ”です。

②二次交通を含む交通手段改善 ③各施設共通のお土産について ④ 秋田の伝統野菜、食材のPR については、それぞれ担当を決めて次回9月まで進めることになりました。

また、世界および日本農業遺産の認定制度、潟上市のふぐ料理、阿仁町の小様きゅうり、内陸線の畑~スマイルファームについて各メンバーからご紹介がありました。
中でも、農業遺産については秋田県に提案することに決まりました。

素晴らしいメンバーに恵まれ、動く動く・・・食美健です!!